【開催レポート】第1回 キャリアテックWG 関西 セミナー

第1回 キャリアテックワーキンググループ 関西セミナー開催レポート

【研究会名】 キャリアテックワーキンググループ
(リーダー:宮下太陽 株式会社日本総合研究所 マネジャー)

キャリアテックWGでは、長寿化により「人生100年時代」を迎える未来を見据え、人々の働く期間が延び、一人ひとりのキャリア・働き方が多様化していくことが想定される中で、『企業および個人はどのような課題に直面するのか』、また『課題の解決にテクノロジーがどのように寄与しうるかという視点で研究を行っています。

【イベント名称】第1回 キャリアテックWG関西 セミナー
【日時】2018年4月20日(金)14:00~17:00
【会場】大阪大学 中ノ島センター607会議室
【参加者】17名


【講師】大阪大学キャリアセンター 副センター長 家島明彦先生
【講演タイトル】グローバル時代における日本の就職活動の将来を構想する~大阪大学キャリアセンターのファンディングモデルを通して~

【レポート】
今回は家島先生をお招きし、関西エリア初開催となりました。家島先生は心理学と教育学がご専門で、現在は業務としてFD(職員の能力開発)、キャリア教育、就職支援を担当されています。国立大学でありダイバーシティも進む大阪大学キャリアセンターがこれから目指す姿について、世界の採用や就職活動の事例を交えつつ、現在の取り組みや今後の構想について具体的にお話しいただきました。
日本における就職活動の現状と課題、将来の構想につき、参加者である企業役員や人事部、経済産業省の方々と意見交換しながら今後の可能性について有意義なディスカッションを行うことができました。


全体の様子


講演の様子

大阪大学 中之島センター