7/19(金)Digital HR Conference#2(大阪開催)

経営課題に応える「仕掛学」+「ワークプレイス」+「コミュニケーション」【Digital HR Conference#2】

この度、Digital HR Competition 2019実行委員会主催によるセミナーを大阪にて開催することになりました。アナログになりがちなHR領域を、「Technology」の力で進化させたい。「Competition」より高いレベルを目指して高め合い、競い合う機会を生み出したい。そしてたくさんの領域の垣根を越えた学び合い・高め合いの交流機会を生み、まだ見ぬ素晴らしい「Technology」との出会いを日本社会に数多く生み出したい。そんな想いで、様々な切り口で、最先端の取り組みや事例をお伝えし、学び合い、高め合うイベントを開催しています。

今回のテーマは、「仕掛学」。イノベーションが求められる時代、既存の延長線上で思考していてもアウトプットに差は出ません。日常をどのように切り取り、どのように成果創出をしていくのか?そこでご紹介するのが、スタンフォード大学の講義でも用いられている、日本発のフレームワーク、仕掛学【Shikakeology】。「した方がいい」とわかっていてもできないことを、「ついしたくなる」ようにする。押してダメなら引いてみな。一言で言うとこれが仕掛けの極意…戦略的に人を動かすために必要なものをお伝えいただく、大阪大学 松村 真宏先生とのトークセッション。

そして、イベントの後半では、「経営課題に応えるワークプレイスとコミュニケーションを『科学』する」というテーマで、パナソニック(株)豊澄 幸太郎氏、コクヨ(株)植田 隆 氏より、最先端の事例&パネルディスカッションをお届けします。生産性の向上のために、あるいはイノベーション創出のために、普段長い時間を過ごす「オフィス環境」の在り方はとても重要です。データも活用した、これからのワークプレイスをご紹介いただきます。終了後は、懇親会も実施します。組織の垣根を超えたネットワークづくりの機会として、ご参加ください!

—————————————————————————————————————————————————
イベント名:Digital HR Conference#2
テーマ:経営課題に応える「仕掛学」+「ワークプレイス」+「コミュニケーション」
日時:2019年7月19日(金)18:30~(18:00開場)
会場:住友クラブ 大阪市西区江戸堀1丁目13番10号(成泉ビルディング)
(地下鉄四ツ橋線肥後橋駅下車10号出口よりすぐ)TEL.06-6443-1986
HP:http://www.sumitomoclub.com/access.html

参加費:一般¥2,000 / ピープルアナリティクス協会会員、招待者¥1,000
主催: Digital HR Competition実行委員会
一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会
協力:一般社団法人MATCH UP
※参加登録が無い場合は当日、いかなる理由があろうとも参加をお断りいたします
※申し込んだだけでは参加となりません事務局から招待メールが届いた方のみ参加可能となります
※懇親会の参加は別途費用がかかります
—————————————————————————————————————————————————
◆タイムスケジュール
18:30~集合
18:45~19:00 オープニング 林 幸弘(Digital HR Competition実行委員長)
■Program.1
19:00~19:45 基調講演&質疑応答セッション
「ビジネスを加速する仕掛学」大阪大学大学院経済学研究科 教授 松村真宏先生
■Communication Time
19:45~20:00
■Program.1
20:00~20:10 事例共有:パナソニック(株)豊澄 幸太郎氏
20:10~20:20 事例共有:コクヨ(株)植田 隆 氏
■Program.2
20:20~20:50 パネルディスカッション
テーマ「経営課題に応えるワークプレイスとコミュニケーションを『科学』する」
モデレーター:白石 紘一氏
20:50~21:00 Digital HR Competition 2019の説明
—————————————————————————————————————————————————
■松村真宏先生プロフィール
1975年大阪生まれ。「仕掛学学者」工学系出身で経営学系に所属している仕掛学系の研究者。
1998年大阪大学基礎工学部卒業。2003年東京大学大学院工学系研究科修了。博士(工学)。東京大学大学院情報理工学研究科ポスドク,大阪大学大学院経済学研究科講師,准教授を経て2017年教授。2004年イリノイ大学アーバナ・シャンペーン校客員研究員,2012年〜2013年スタンフォード大学客員研究員。「仕掛学」を創始。仕掛けによる行動変容理論の構築と科学的証拠の蓄積,企業との共同研究による仕掛けの社会実装,小中高校生への教育・普及活動に従事。著書は『仕掛学』(東洋経済新報社),『人を動かす「仕掛け」』(PHP研究所),『ドーナツの穴だけ残して食べる方法』(大阪大学出版会)など。
申込はこちら