理事会声明(2019年8月)

当協会では、人を活かす技術としてのピープルアナリティクスとそれを支援するHRテクノロジーの普及を通じて、人事データを死蔵することなく個人と組織の未来のために活かし経営を変革していくための活動を推進してまいりました。

人事・採用データの利活用をめぐる一連の報道から、国際的な動向を踏まえ、かつ、基本的人権やプライバシーにも配慮しながら、人を活かすデータ活用技術の健全な発展に寄与する必要性と使命を改めて認識し、採用・人事・行動データの利活用等に対する信頼を醸成するための仕組みづくりの重要性を感じております。

当協会は、これまで企業の自主的な取組みを支援するため、採用・人事データの取扱いをめぐるガイドライン(仮称)を策定することを決定し、準備を進めてまいりました。改めて2019年11月28日に本協会会員向け説明会を開催し、企業の意見を反映した上で、2020年3月を目処に一般向け説明会の開催及びガイドラインの公表に向けて、策定作業を急ぐことにいたしました。

加えて、上述のような問題意識の高まりから、人権やプライバシーを尊重し、労働法も熟知した上で、各組織において、技術的進化の速いピープルアナリティクス技術やHRテクノロジーの活用を支援できる人材育成に努めるための資格制度を創設することを目指して検討を行って行くことといたしましたので、ここに声明を発表いたします。

令和元年8月27日
ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会理事会

 

PDFはこちら

 

―お問い合わせ先―
一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 事務局
TEL: 050-7112-7160
MAIL:info@peopleanalytics.or.jp