人事データ利活用原則(案)につきまして

2019年11月28日、過日理事会声明にて公約させていただきました人事データ利活用原則(案)を本協会会員向けに公開し、人事データやAIを活用する際に留意すべき9つの原則を提示いたしました。
社会の信頼に応える高い倫理観に基づき、人や企業の可能性を高めるためのデータ利活用が推進されることで、不要な懸念からデータ利活用によって生み出される未来の可能性、そして「ピープル・アナリティクス」や「HRテクノロジー」の推進が妨げられることのないよう、本協会会員を始め、広くデータ活用に携わる関係者との対話を通じて、高い倫理性を醸成することに努めてまいります。
人事データ利活用原則(案)は来年3月に予定される本公開に向けての原案となります。
公開に向けては、関係者の皆様の実務的な要請や順守の可能性、本協会が見落としていたリスクのご指摘、反対意見、原則への疑問点などをお聞きし、反映してまいりたいと考えております。

【人事データ利活用原則(案)にご関心を持っていただいた方へ】
趣旨に鑑み、本会員以外でも人事データ利活用原則(案)に対してご意見をお寄せいただける方々にも人事データ利活用原則(案)を開示し、より多くの皆様から広くご意見を募り、より多くの意見を原則に反映してまいりたいと考えております。人事データ利活用に関心を持たれ、原則(案)に関心をお寄せいただけました皆様におかれましては、下記フォームよりアンケートにお答えいただき人事データ利活用原則(案)をリクエストください。原則(案)とともにご意見をお寄せいただくアンケートをご送付させていただきます。

https://req.qubo.jp/pahrtech/form/1128