データ・ドリブンHR推進研究会 第1回目ワーキング開催レポート

2020年2月18日(火)、データ・ドリブンHR推進研究会の第1回目ワーキングを日本総研大阪本社にて実施しました。当日は、東京・代々木のセミナールームとも中継を行い、東京会場のメンバーにも遠隔でご参加頂きました。

 

ワーキング冒頭は、ワーキングリーダーよりデータ・ドリブンHRが必要とされる社会的背景や、実際にデータ・ドリブンHRを推進する上で企業がぶつかりやすい課題の概要について言及。その後、パーソルホールディングス株式会社 藤澤氏(協会研究員)より、実際にデータ・ドリブンHRの取り組みをどのように組織化して推進してきたのかを実例を踏まえながらご紹介頂きました。

 

また、当日は、実際に参加メンバーの皆様が「今どのような取り組みを進めようとしているのか」、そして「取り組みを進める上でどのような課題にぶつかっているのか」をワークシートに記入頂き、チームに分かれてディスカッションを行いました。その際、「システムを導入して人事業務の効率化を図りたいが、現場が自身の業務を手放そうとしない」「IT部門を始めとした他部門の協力を得られない」など、特に取り組みを推進する上でのリアルな組織課題が数多く挙げられました。データ・ドリブンHRを推進する上では、アナリティクス・システム導入などの手法論も大事ですが、こうした組織課題をいかに克服して推進体制を作っていくかが非常に大事であることを参加メンバー間で確認しました。

 

 

当研究会では、第1回目で実際に出た課題を「いかに克服して実際の現場での取り組みに繋げていくか」を第2回目以降に参加メンバー間でしっかりと議論していきたいと考えております。

 

【当日アジェンダ】
1. オリエンテーション・当ワーキンググループ趣旨説明 18:30~18:35
2. なぜ今データ・ドリブンHRなのか?~データ・ドリブンHRの進め方とポイント~ 18:35~19:00
株式会社日本総合研究所 方山 大地(協会研究員)
3. 各社のデータ・ドリブンHR推進状況・課題の共有(各メンバーがワークシートに記入の上、ディスカッション)
19:00~19:30
4. データ・ドリブンHRの取り組み事例ご紹介 19:30~20:10
パーソルホールディングス株式会社 藤澤優(協会研究員)
5. データ・ドリブンHRの取り組み推進に向けたアクションプラン策定・共有(各メンバーがワークシートに記入の上、ディスカッション)
20:10~20:30