人事データ利活用原則の公開 及び 発表会の配信【2020年03月19日】

2020年3月19日、過日理事会声明にて公約させていただきました人事データ利活用原則を公開し、人事データやAIを活用する際に留意すべき9つの原則を提示いたしました。

弊協会理事の山本達彦先生(慶應義塾大学法科大学院教授)、大湾秀雄先生(早稲田大学 政治経済学術院 教授)、北崎茂氏(PwCコンサルティング合同会社 ディレクター)、坂下哲也氏(一般財団法人日本情報経済社会推進協会 常務理事)、弊協会アカデミック・アドバイザーの大島義則先生(弁護士、慶應義塾大学大学院法務研究科講師)に今後の活用や展望などについてお話いただきましたので、発表会の様子を録画配信いたします。

社会の信頼に応える高い倫理観に基づき、人や企業の可能性を高めるためのデータ利活用が推進されることで、不要な懸念からデータ利活用によって生み出される未来の可能性、そして「ピープル・アナリティクス」や「HRテクノロジー」の推進が妨げられることのないよう、本協会会員を始め、広くデータ活用に携わる関係者との対話を通じて、高い倫理性を醸成することに努めてまいります。
本原則につきましては、関係者の皆様の実務的な要請や順守の可能性、本協会が見落としていたリスクのご指摘、反対意見、原則への疑問点などをお聞きし、今後もアップデートして参りたいと考えております。

【人事データ利活用原則にご関心を持っていただいた方へ】
趣旨に鑑み、人事データ利活用原則を一般に開示し、活用いただきたいと考えております。
人事データ利活用に関心を持たれ、原則に関心をお寄せいただけました皆様におかれましては、フォームより人事データ利活用原則をリクエストください。人事データ利活用原則 及び 発表会の様子の録画配信リンクをお送りいたします。

https://req.qubo.jp/pahrtech/form/HRDataUtilizationPrinciples