【開催レポート】11/7(水) 第3回 慶應SFC FINEフォーラム


慶應の教職員とメンター三田会の有志メンターで運営される研究コンソーシアム
「慶應 SFC 未来イノベーション&アントレプレナーシップ研究コンソーシアム」の
第三回フォーラムを以下の通り開催しました。

今回のテーマは「HRテクノロジー最前線(海外の動向から最新のHRテクノロジーを学ぶ)」です。
近年、企業や投資家などからも高い注目を集めるHRテクノロジー。本講演ではそのHRテクノロジー
における米国での最新事情、さらには日本における今後働き方の変化と、HRテクノロジーの関係性
と可能性について、当該領域における国内の第一人者であるPwCコンサルティングのディレクター
であり協会理事を務める北崎氏よりお話頂きました。

また、有識者によるパネルディスカッションも行いました。

■イベント名:第三回 慶應SFC FINEフォーラム
「HRテクノロジー最前線(海外の動向から最新のHRテクノロジーを学ぶ)」

■日時 :11月7日(水)19:00~(18:30 OPEN)
■会場 :慶應義塾大学 三田キャンパス 東館6階G-Lab
https://www.keio.ac.jp/ja/maps/mita.html

■参加費:塾生・教職員・慶應SFC FINEコンソーシアム会員・メンター三田会会員・ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会会員は無料
その他一般の方は¥2,000

■タイムスケジュール
19時~
基調講演「HRテクノロジー最前線」講師:北崎 茂(PwCコンサルティング合同会社ディレクター)
20時~
パネルディスカッション「テクノロジーで変える新しい会社と個人の関係性」
モデレーター:金澤元紀(i-Plug)パネリスト:鈴木仁志(ハッカーズーク)山田邦生(Meta Anchor)
20時40分~
FINEコンソーシアム説明 / ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会説明

■主催:慶應 SFC 未来イノベーション&アントレプレナーシップ研究コンソーシアム
■共催:一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会