【申込受付中】2/5(火)キャリアテックWG

【研究会名】キャリアテックワーキンググループ
(リーダー:宮下太陽 株式会社日本総合研究所 マネジャー)

【日 時】2019年2月5日(火)18:30-20:00 ※開場:18:15
【会 場】立命館東京キャンパス
【住 所】〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目7−12
【定 員】30名
【参加費】会員:無料 / 非会員:2000円


参加申込

 

2018年9月にラスベガスで開催されたHR Technology Conference&Expo 2018の状況を踏まえ、HRテクノロジー最新トレンドと今後の展開可能性について紹介します。また、現在日本で広まりつつあるタレントマネジメントシステムの現状と今後について理解を深めることを通して、組織の課題解決において、HRテクノロジーがどのように寄与することができるのか、そのありようについて参加者の方々とディスカッションを行います。


【Agenda】
18:30~ オリエンテーション・趣旨説明
(WGリーダー:宮下 太陽氏

18:35~ HRテクノロジーを活用したデータ駆動型人事の有り方
(株式会社日本総合研究所:方山 大地氏)
◆HR Techへの企業の関心が高まる中、日本においてもアナログな人事から脱却し、ピープルアナリティクスを活用したデータ駆動型人事を志向していく必要があります。そこで、本講演ではHR Technology Conference 2018での視察結果を踏まえ、HR Techを活用したデータ駆動型人事のありようについて展望します。

19:00~ タレントマネジメントシステムの実際
(株式会社ロココ 福田 勝志氏)
◆昨今日本でも導入が進みつつあるタレントマネジメントシステムの現状について、基本的な機能の理解を踏まえ、組織課題の解決にどのように役立ちうるのか、今後の可能性について展望します。

19:25~20:00 ディスカッション
◆講演の内容を踏まえ、フロアの方との質疑応答をベースにディスカッションを行います。

 


【講師プロフィール】

宮下 太陽 株式会社日本総合研究所 マネジャー
2007年日本総合研究所入社。株式会社三井住友銀行への出向を経て、2015年7月より現職。専門は、人事・組織マネジメント。主として民間企業をクライアントに、人事制度構築、全社組織改革、次世代経営人材育成、研修体系構築等のコンサルティングに従事している。近年は、人と組織と戦略の最適解を創出する観点から、HRテクノロジーを活用した人的資源管理を注力テーマとして取り組んでいる。日本社会心理学会所属。立命館大学博士後期課程在籍。

 

方山 大地 株式会社日本総合研究所
2016年日本総合研究所入社。専門は人事・組織マネジメント。主として民間企業をクライアントに、ファシリテーションを用いた組織開発・組織変革、人事制度改革、経営戦略策定、R&D戦略策定、未来洞察等の調査・コンサルティングに従事。近年はピープルアナリティクスの重要性に着目し、定量的なエビデンスに基づくデータ駆動型人事を注力テーマとして取り組んでいる。

 

 

福田 勝志 株式会社ロココ プロダクト事業部 事業部長
2002年にITアウトソーシング企業の株式会社ロココへ入社し、一貫してIT運用サービス、システム受託開発の営業を担当。2017年からは勤怠管理システム、タレントマネジメントシステムなどのHRソリューション事業に従事し、HRテクノロジーを通した顧客の人事組織的課題の解決に努めている。

 


【キャリアテックワーキンググループとは】
協会内に設置されたワーキンググループです。長寿化により人生100年時代を迎える未来を見据え、人々の働く期間が伸び、一人ひとりのキャリア・働き方が多様化していくことが想定される中で、企業及び個人はどのような課題に直面するのか、またそういった課題の解決にテクノロジーがどのように寄与しうるのかという視点で研究を行います。

ワーキンググループ公式ページはこちら
https://peopleanalytics.or.jp/wgsg/career-tech/

【問合せ先 】
一般社団法人ピープルアナリティクス&HRテクノロジー協会 事務局
e-Mail:info@peopleanalytics.or.jp


参加申込