Subcommittee分科会のご紹介

データ・ドリブン
HR推進研究会Data Driven HR

【名称】
データ・ドリブンHR推進研究会

【設立趣旨 】
タレントマネジメント・ピープルアナリティクスなど、”人事データ”を起点とした人材マネジメントの必要性が叫ばれています。当研究会では、そうした人材マネジメントを”データ・ドリブンHR”と呼び、データ・ドリブンHRを広く日本の組織で拡大させていくために必要なことを考えていきます。データ・ドリブンHRを推進する上では、手法云々以前に様々な課題(ex. どのようなスキル・人材が必要か分からない、人事の力が弱くてそうした取り組みが認められない)があります。当研究では、そうした課題を議論・整理し、実際にそうした課題の克服に向けた解決策を次世代の若手メンバーで考え、発信していきます。

【実施概要】
2~3ヶ月に1回の頻度で討議形式のワーキンググループを実施する 毎回、参加者間で討議することを重視する実際にデータ・ドリブンHRの推進に成功している企業の担当者を招いて議論する機会も設ける予定。


【参加資格】
内容に興味があり、人事データを使って何らかの取り組みを行いたいと考えている若手の方
毎回のワーキングの人数は10~15名を想定している

【会場】
都内某所 (スタディグループメンバーにのみ詳細連絡)

【定員】
15名程度

【グループリーダー】
方山 大地(協会研究員)株式会社日本総合研究所 リサーチ・コンサルティング部門 
藤澤 優(協会研究員)パーソルホールディングス株式会社 

分科会に入会申請する

Othersその他の分科会

Page Top