【研究会名称】
人事サービスに対する「目利き力」向上グループ

【設立趣旨/研究内容】
市場の中には多くの人事サービスが存在します。それらのサービスにまつわる基本知識、品質基準、自社との適合性、効果的な利用方法等を学ぶことによって、人事サービスに対する「目利き力」を高めます。

【運営形態】
企業の人事部門の方々を対象に「勉強会」を定期開催します。勉強会では毎回一種類の人事サービスを取り上げ、協会の研究員からの知識提供、参加者からの事前調べ物の発表、参加者同士のディスカッション等を行います。勉強会で一定の知見が蓄積されたら、広く人事サービス企業・人事部門の方々を対象に、「報告会」を実施します。

【メンバー対象】
「勉強会」の参加対象者は「企業の人事部門」の方々に限ります。人事サービスを利用している/する予定がある方がベターです。「報告会」は「企業の人事部門」の方々だけではなく「人事サービス企業」の方々もご参加いただけます。原則会員の中からグループメンバーを募りますが、リーダーが承認した場合には会員以外でもグループメンバーとすることがあります。なお、グループメンバーに定員はありません。メンバー宛に「勉強会」及び「報告会」の告知をします。勉強会の定員は30名、報告会は会ごとに定員を定めます。

【リーダー】
伊達洋駆(株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役)
神戸大学大学院経営学研究科 博士前期課程修了。修士(経営学)。同研究科にて組織論・組織行動論を学ぶと同時に、2009年にLLPビジネスリサーチラボを創業。2011年には株式会社ビジネスリサーチラボを設立し、以降、民間企業を顧客に、組織・人事をはじめとした幅広い領域において調査・コンサルティングを行っている。組織内に課題感はあるものの市場内に対策が十分にない領域に対して、研究知・実践知の両方を動員して課題発見・解決に取り組み続けている。2017年には株式会社六甲舎を立ち上げ、株式会社ビジネスリサーチラボを経営する傍ら、大学研究者が企業と共同する際の支援も手がけている。

【活動】
2018/11/21キックオフセミナー開催予定

ワーキンググループ・スタディグループTOPへ